志水医院

日進市岩崎町の内科,胃腸科 志水医院

〒470-0131 愛知県日進市岩崎町神明86
TEL 0561-72-1181

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

トップページ»  院長のコラム

院長のコラム

  • 件 (全件)
  • 1

年初に思う

年明け早々寒波に襲われ、インフルエンザも猛威をふるって、市内の学校や保育園、幼稚園では学級閉鎖が沢山出ています。毎年この時期は大寒なんで当たり前ですが、それでも陽が昇る頃が少しずつ早くなって、暮れるのも遅くなってきています。受験生では無いけれど、指折り数えて春を待つばかりの今日この頃です。さて、年初にふと思い出した事があります。小生の14歳の誕生日、昭和45年11月25日、三島由紀夫先生が自決された日です。TVで自衛官を前に檄を飛ばす三島の姿は物凄いインパクトでした。その後割腹自決されるとは・・・網淵謙錠氏の小説≪斬≫には慶大医学部での解剖所見から引用され、「三島の割腹は壮絶で、あの腹の切り方は一人で死ぬ場合の切り方・・・これは常人のなしえざるところ」と記してあります。その時は小生まだ幼くて、概略さえ理解出来ませんでしたが、後年色々な評論や、美しい文体の三島小説等を読んで見ましたが、到底真相は理解できませんでした。そんな、三島が死の約4か月前に産経新聞夕刊に次の様な投稿をされています。「このまま行ったら<日本>はなくなってしまうのではないかという感を日ましに深くする。<日本>はなくなって、その代わりに、無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜け目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであろう」。この予言どおりに、今の日本はなってしまいました。そして、失われた<日本>は今後如何に行くのでしょうか・・・

戦後70年、憲法9条を基本に平和な国でいられました事は全くの事実です。しかしどうでしょう?今、時代の変遷と共に周辺国の“全て”が変わって来ています。その変化に現行憲法や法律で対応できるんでしょうか?9条さえ守り続ければ、軍事力を増長しなければ、何事にも全て経済協力(一体何時まで無償円借款を続ければいいのか、IMFの要請で円を拠出したのに・・・恩を仇で返す国々をこれ以上優遇する意味があるのか?)をすれば、外国が日本の自主独立を保障してくれるんでしょうか?等々、諸々こんな日本を三島先生は見事予見していました。三島の生き様からは、見事な狂気の隣に真の天才が存在している証明を見たようです。何だか、年の初めに暗い話題でしたが、過去の反省に立って明るい未来を見つめ、今年も頑張りましょう!(未年大寒)

2015-01-28 10:12:04

折りたたむ

夏休み  麦藁帽子は・・・

全くお恥ずかしい次第で、コラムをすっかりサボっていました。気が付けば梅雨は終わり、夏も過ぎ、いよいよ秋本番の今日この頃です。ところで、サッカーW杯サムライ戦士に良い勝負を望みます!何て綺麗事書きましたが、やはり勝負は勝たなあかん!!です。ひょっとすると・・・と甘い期待を抱きましたが、日本チームの成長より世界の進歩は先へ先へ行っていました。優勝のドイツは強靭な精神力、鍛え上げられた体力、素晴らしい技術と世界一に相応しいチームでした。それでも、4年後のロシア大会でJAPANが一つでも多く勝利する事を願って止みません。

話題変わって、今年は大雨、土砂災害、御嶽山の噴火等自然災害の多かった夏でした。小生も被害と呼べるものではありませんが、台風にしてやられました。夏休みの旅行の事ですが、GW前から綿密な予定を立て沖縄旅行を計画しました。昨年石垣島に行ってとても楽しかったので、今年の行き先は沖縄本島。ホテルや航空チケットも全て自ら予約し、旅行本も買い込みしっかり予習。過去4回夏の沖縄に行きましたが、何れも天気は上々。夏の沖縄は台風のリスク高いのは分かっていましたが、小生は大丈夫・・・の変な自信。ところが今回はやって来ました大きな台風・・・結局飛行機はノーチャージ便となりホテルからもキャンセルされた方が宜しいですよのアドヴァイス。結局泣く泣く中止です。荷物だけは先に送りましたので、水着や本、向こうでゆっくり楽しむはずだったDVD等だけが南国の空気を味わってきた模様です。しかし、航空チケット代金は全額返金。ホテルも予約料金は無く、経済的損失はありませんでした。やはり夏の沖縄は・・・でも、絶対来年も計画するぞ!と結構真剣にムキになっています。(秋分末候 また台風やってきます)

2014-11-11 17:20:11

折りたたむ

サッカーW杯・伯剌西爾大会開幕

いよいよ待ちに待ったサッカーW杯・ブラジル大会開幕です。

大会を通じて、我がSAMURAI BLUEの活躍を祈らずにはいられません。

但し、一番の喜びは勿論勝利ですが、贅沢ですけれど良いゲームを期待します。やはり4年に一度の世界一を決める戦いなので、例えば大会のアジア一次予選(最近日本は出なくても良いですね)の様にワンサイドゲームでは勝には勝っても何だか盛り上がりません。やはり相手も地域を代表して出てくるチームで家族や仲間、国等の期待を一身に背負ってやって来る相手をリスペクトして戦わないと、せっかくの大会が台無しになってしまいます。また、相手選手だけでなく対戦国のサポーター、レフリー、グランドキーパー、開催国等々W杯に関与する全ての人々をお互いがリスペクトして選手達が精一杯戦い、その結果僅差で劇的に勝利する事が一番望むところ、欲が深い、です。そんなゲームや大会は後世まで語り継がれるはず。皆さんもそんな歴史の証人になってみたいと思いませんか?

サッカーにおけるリスペクトの大切さは、小生が尊敬するサッカー・ジャーナリスト大住良之さん(中日新聞水曜夕刊コラム 「サッカーの話をしよう」 執筆者 元サッカーマガジン編集長)から教えて頂いた事です。地球の裏側からメール(大住さん曰く予選突破の確率は50%。ゴールチャンスを確実に決めきれるか否かがポイント。岡崎選手、大久保選手に期待)を頂戴した大住さんにとっても良い大会になる事を祈っています。何はともあれ、ガンバレ サムライ!頑張れ ニッポン!!(6月 芒種初候 蟷螂生ず頃)

2014-11-11 17:19:24

折りたたむ

愛犬ジャスミンが逝く

最近このコラムは誰々が逝った・・・の暗い話題ばかり。知ってる人(一方的な知人)が召されるのは、自身もかなりあの世へ近くなって来た証拠。そんな、悲しい話題に区切りを付ける話です。我が家で生まれた愛犬ジャスミンが逝きました。残念ながら、16歳(大型犬としては超長命人間の100歳程)の誕生日にわずか2日及びませんでした。ジャスは黒のラブラドール・レトリーバー。母親は茶毛のジュリーです。ラブは黒毛が優勢でジャス・パパが黒ラブ。生まれて来たBABYは9匹皆黒毛でした。ジュリーは一昼夜に及ぶ出産に見事耐え、その後も健気に子育て(我々家族もこの間は大変!9匹の小犬に餌をやるのにてんてこ舞い。BABYちゃんが尻尾を振っての食事のひと時は圧巻に可愛かった)をして全犬全て育ち、生後2か月でジャスミンを残して他家に貰われて行きました。ジャスを残した理由は、ジュリーを頂戴し訓練して頂いた警察犬訓練所の校長先生が9匹をしっかり見て“この子にしなさい”のご意見からです。その後、1匹残ったジャスミンは母親ジュリーの愛情を独り占めで賢くスクスク育ち、訓練に出してから益々人の考えや指示がとても良く理解できる犬に成長しました。但し、ラブに良く現れる股関節形成不全で獣医の主治医先生はからは人工関節にしたら?のアドヴァイスも頂戴しましたが、飼い主の勝手で痛い事は・・・で見合わせ、その後運よく最後まで治療する事もなく生きる事が出来ました。

ジャスと散歩には良く出かけました。近所の河原&公園、車で出かけた牧野ケ池公園、緑化センター等々皆とても良い思い出です。小生の顔をよく舐めてくれたジャス、リンゴと柿が大好きだったジャス、小生の愚痴をじっと聞いてくれたジャス、外出して帰ると必ず玄関で待っててくれたジャス。きっと今頃は天国で母親ジュリーや従妹宅2家に貰われていった兄の“シュワルツ”、妹の“うみ”達と楽しく遊んでいる事でしょう。残された“りん”(京都生まれのラブラドール9歳)はこれまでクールな性格でしたが、ジャスが居なくなって寂しいのか妙に甘えん坊になりました。しかし、以前より増してしっかり番犬をしています。この先年老いていく小生は後何匹の犬と暮らせるのか・・・犬は群れを成して生き、人と共にその歴史を経て来ました。犬好きにしか理解できないでしょうが、愛犬は時に家族以上のBuddyです。今もジャスの事を思い出すと辛い毎日ですが、小生に優しかったジャスミンに唯々感謝合掌です。(霜のおおいがとれ、健やかに苗が育つ 穀雨次侯)

2014-11-11 17:14:51

折りたたむ

墓碑銘

少し前の話ですが、淡路恵子さん亡くなりました。女優淡路恵子さんは三船敏郎さんと寅さんシリーズで共演した時の演技がとても印象的でした。友人の宝田明さんがコメントしてましたが“一見派手に見える方でしたが、とても家庭的。夫、錦ちゃんのために仕事を辞め、子育てに専念したり、錦プロ倒産の借財返済の為マダム業もされました”。淡路さんの一生は、錦プロ倒産や錦様との離婚劇、お子様の他界等々この世の不幸を一身に背負ったかの様な壮絶な人生に見えました。でも、淡路さんは何時も飄々として、とてもお洒落でしたね。例えば、淡路さんが古い濃緑色のジャガーを煙草を燻らしながら運転する姿を想像すると滅茶苦茶カッコ良いと思います。やはり車や煙草、お酒等はかなりの人生経験を重ねないと栄えません。お洒落な淡路さんに合掌。

ミュージシャンの大瀧詠一さん亡くなりました。大瀧さんがはっぴいえんど時代の71年3月、コンサート(当時ライブとは呼ばない)に行きました。伝説のバンドはっぴいに小生は大感激。また、ソロ活動時代の78年にもコンサートに行きました。何と当日券で前から9列目の会場はガラガラ。当時大瀧さんは、自分を称して所謂・趣味趣味ミュージック・と名付け、多くのCMソング制作と共にやりたい事だけやっていましたが、“ヒット曲は何時でも書ける”と自信たっぷり。その言葉通り、81年に大ヒットアルバムA LONG VACATIONで世に知られる様になり、昔からの大瀧ファンとしては溜飲が下がりました。その後、森進一さん(冬のリヴィエラ)、小林旭さん(熱き心に)松田聖子さん(風立ちぬ)、小泉今日子さん(怪盗ルビィ)、薬師丸ひろ子さん(探偵物語)等々他にも多くの楽曲提供をしてヒットしたのは皆様ご存じのはず。また、シリアポールさん、吉田美奈子さんの唄で超有名な“夢で逢えたら”は、これからも多くのミュージシャンにCoverされて行くのでしょう。中学生だった小生に色々な音楽の楽しさを教え、その後の音楽遍歴(と言う程大したことは無い)に多大な影響を与えてくれた大瀧さんに合掌。

こんな年末年始の事を思い出しながら書いていたら、季節は桜が散り、玄鳥(燕)至る清明です。(釈尊の誕生日に)

2014-11-11 17:14:06

折りたたむ

桜満開

桜満開の季節ですが、コラムを書くのが億劫でやっと新年早々の出来事を一つ紹介します。昨年11月末に、庭のトネリコの木に巣を作って産卵したキジバトの雛が巣立ちました。卵は2個でしたが、残念ながら成長途中で1匹が逝きました。寒い北風の季節は小さな雛には過酷でした。今まで、庭には数回ヒヨドリが営巣しましたが、猫やカラスに襲われた事もあり、今回も気が気ではありませんでした。朝晩は2階から静かに静かに巣を覗き安全を確認しました。しかし、小生が安全を・・・しても全く意味がありません・・・孫の成長を見守る好々爺の気分ですね。寒風や雨の中、たとえ種を守る本能とは言え健気に雛を守り育てる親鳥の姿には、とても尊い生命の愛情や逞しさを感じました。(桜満開・次男雄騎の誕生日4月3日)

2014-11-11 17:11:55

折りたたむ

年の瀬に

今年も残りわずか・・・このブログの更新はすっかり怠け者になってしまい、ダメ1年でした。毎年のように反省する事は、小生が敬愛する漫才師故・人生幸朗師匠の様に上手くぼやけず、呟きと言うには程遠く、ブログには内容に乏しい投稿でしたが、来年はもう少し味のあるツイートが出来る様に頑張ります!年の終わりに、来年が皆様にとってどんな馬合も、どんな馬面でも、馬くいきます様祈ります。(巳年の最後に)

2014-11-11 17:09:16

折りたたむ

人生いろいろ

先月、小生が生まれる前年に歌手デビューした島倉千代子さんが逝った。プロの歌い手生活が約60年とは恐れ入る。さすがに“東京だよおっかさん”のヒット当時は知らないが、“人生いろいろ”は世代を超えて、超有名。そんな歌に因み、色に纏わる今年の思い出を挙げてみる。

赤→毎日眺める登る陽、沈む陽。白→軽井沢、雪一色の白糸の滝。黒→満天の星が煌めく石垣島の夜空。青→川平湾の海。緑→那須高原の新緑。黄→寒風に耐え咲く蝋梅。茶→大藪雅孝画伯の仏画。いろんな色に出会ったこの一年。来年はどんな人に、どんな出来事に巡り合うのか・・・人生いろいろ、人の心もいろいろ、思い掛けない出会いに期待して、来年を迎えたい。そして、島倉さんに合掌。(師走の終わりに)

2014-11-11 17:06:45

折りたたむ

秋のある日

小生のいるところは、私が生まれ育った(生まれた当時は村)名古屋の東の田舎町で、特別な用件でもない限り、訪ねてくる人は稀である。突然訪ねる様な人があれば、警戒を要する人物と思っている。訪ねてくれた人が同じ様に申すことは“空気がきれいだ”。それは、光が美しいと言う事と思う。“静かだ”。それは反響する物が少ないからである。田舎はどこでも同じで、殊更私のところがそうであるのではない。私自身はもっと雑音の少ないところに引っこみたいと思う。田舎でも仕事場では結構色々な音が聞こえてくるからである。私は、普段あまり人との(家族以外の)付き合いが無い。それは私のひねくれた根性に起因する言動から、相手を不愉快にする様で、そうならぬ様をできるだけ交わりを遠慮するのである(後からいつもまずかったと思うのである)。また、それで非常に疲れもする。それより仕事をして(と言っても何も重労と言う程ではないが)後一杯のお酒(夏は冷たいビール、秋~冬は日本酒、焼酎、ウイスキー・・・と何でも)を飲めればそれで、至極満足出来る日々である。こうやって、毎日が何気に過ぎていく今日この頃。(敬愛する画家YK先生へ 10月9日)

2014-11-11 17:05:59

折りたたむ

夏の思い出、石垣の思い出

今年の夏は何しようか?と思っている間に、夏は去ってしまいました。それにしても、当地は暑かったですが、列島のあちこちでは熱波や雨、竜巻などで甚大な被害が出ました。まだ、台風もやって来そうで、備えあれば患いなしを教訓として、準備したいです。そして、被災された皆様の一日も早い復興を祈ります。さて、夏休みに石垣島へ行って来ました。中部国際空港から直行便で2時間20分。韓国の仁川までが1時間半なので、その遠さが分かります。驚いた事を箇条書きに。

1:石垣にハブが生息(近くの宮古島にはいません)していますが、沖縄本島のそれより毒性が低く、噛まれても傷の消毒だけで、血清注射をしないそうで、事実石垣にはハブ血清はおいてないとの事。幸運にも滞在中、蛇(小生大の苦手)にはお目に掛かりませんでした。
2:年に3回稲作。コシヒカリが美味しく出来るそうですが、1回は必ず台風が直撃して全滅だそうです。
3:夕食に市街へ出て、その帰りのタクシーの運転手さんは夜目が効かない様で、たえずセンターラインオーバー!対向車がいない時は、ハイビーム。途中から雨が降り、とても心配になりました。おまけに何とホテルまでの道を知りませんでした!滞在僅か2日目の小生が道案内をしました。とほほ・・・
石垣は海の綺麗さが半端ではなく、代表的な観光スポット・川平湾・でグラスボートに乗り、透き通った海中のサンゴや魚を楽しみました。でも、海より感激したのは、満天の星たちでした。空にはこんなに星があるものかと、只々感激。しばらく眺めていると、眼が慣れてもっと沢山見えてきます。それを過ぎると、なんだか怖くなってきます。大自然の前で人間は、小さなその僕である事を痛感しました。何しろ天気に恵まれゆっくり充電のひと時でしたが、2か月遅れで夏の思い出を書いているようでは、色んな意味で前途多難です。(10月8日)

2014-11-11 17:04:42

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1